2011年09月14日

ヨブ記

旧約聖書 ヨブ記 (岩波文庫 青 801-4)

岩波書店
売り上げランキング: 25156


旧約聖書の一部のヨブ記です。これまで創世記しか読んだことなかったので読んでみました。

ただ、創世記読んだ時よりは年を重ねたせいか、少し理解できるようになってきました。ヨブ記の解釈は僕が書くよりも多くのことが述べられている(もうかなり長い年数)ので、解釈は述べませんので感想を書きます。

まず、読んで思うのは古代の時代の古さの感覚です。プラトンの書いたものを読んでも三国志や”項羽と劉邦”のような歴史物を読んでも現代性を読み取ってしまいます。

つまり、時代の古さはあったとしても、現代と連続の範囲内での古さという印象です。

しかし、このヨブ記は神話っぽっくなく(創世記やらエッダやらは神話っぽかった記憶がある)、一方で現代とは断絶した”古代”を感じます。これは、ヨブのいた時代の古さや世界観によるものでしょうか??

この感覚は、神がまだいた時代だったからかもしれません。ギリシアの神々やファンタジー小説にでてくるような神と人の暮らす世界の神は神といっても人に近いからで、ヨブ記の神は人らしくないからかもしれません。それが現代との断絶(つまり人ならざるものがいる世界)の感覚を生み出しているのかもしれません。

ちなみに、先日オットーの「聖なるもの」を読んだ直後なので、この感想はその影響を受けすぎていると思います...
posted by 山崎 真司 at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 哲学、人生論
この記事へのコメント
中学校の頃初めて聖書を読みましたが、この『ヨブ記』の部分を見てキリスト教は信じないほうがいいんだと思った記憶があります。
素直に読むと、かなりとんでもない物語ですよね。
Posted by moondrop at 2011年09月25日 16:59
(記憶によると)新約聖書は宗教的な本なんですが、”ヨブ記”はその点では宗教っぽくなかったですねー。宗教っぽくないというか、本当に”絶対的な神”の力が書かれただけで、道徳っぽさがないという感じでした。序盤から中盤のこれでもかというほどの救いの無さに圧倒されました。
Posted by 山崎真司 at 2011年09月25日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47930908
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック