2007年07月22日

キャラ立ちの技術

杉村 貴代著
ダイモンド社 1200円(税別)
初版: 2006年9月22日

内容:
章立ては以下のようになってます。
1.「キャラ立ち」って何?
2.キャラのつくり方
3.演出はキャラ立ちのカギ
4.評判はキャラを強める
5.キャラをフレッシュに保つ

・印象を残すことが大事、そうしないと忘れられてしまう。
・そのためには、分かりやすい明確なポジションを作ることが大事で、そのためには右脳的・左脳的の両面からキャラを考える。
・欠点もキャラの特徴のひとつ。
といったことを述べてますです。

 

読んだ感想:
ブランドって何?というのを個人ブランドに限って、ポップな書体で簡単なことだけ書いた本といったところでしょうか。それ以上でも以下でもない、というのが正直な感想です。

書いてる人も、横文字のコンサル会社の女性取締役ということで、今流行り系の社長本でしょうか。全くブランド論とか知らない人ならば読んでもいいかもしれませんが...正直、これ一冊読んでもなー、といった感じでした。残念。
 
posted by 山崎 真司 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4783108
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック