2011年07月10日

数量化革命

数量化革命
数量化革命
posted with amazlet at 11.07.10
アルフレッド・W・クロスビー
紀伊国屋書店
売り上げランキング: 203061


ヨーロッパの分岐点が1300年前後に起こったとする歴史の本です。時間・空間の数量化(定量化)が人の認識を変えていったとしています。これは、数学(アラビア数字の採用など)や時計の発明、遠近法といった絵画技法、音楽での楽譜の発明、正確な地図などといったものとして表れます。

私たちはケプラーが惑星の軌道の法則を解き明かし、ガリレオが木星の衛星を発見し、デカルトが”我思う故に我あり”といった時代(1700年前後)を転換点とみなすことも多いと思いますが、実際には定性的なものの見方を定量的に見ることができる基盤が整ったという意味で1300年前後という主張は説得力があります。


ちょうどこの時代は十字軍が始まった時代のあとであり、イスラム文化が西洋に入ってきてしばらくしてからという時代で、アヴェロエスが12世紀の人なので、ヨーロッパにアリストテレスなどのギリシア哲学の再発見が行われてそれが広まった時期にあたります。

ギリシア哲学のアリストテレスの経験主義的な部分やプトレマイオスの地理学の再発見が、それまでの思念的な思想の停滞期から脱却したポイントでしょうか?


私たちは、5秒といえばどのくらいか当たり前のこととして思っていて、他の町にいっても世界のどこにいるのか正確に把握しています。また、音楽についても再現性のあるツールを使って、メロディーを理解して覚えることが出来ますし、楽譜を使って過去の音楽を再現することもできます。これらの全てが数量化革命あとのものであり、その前の時代は想像できません。

その前の次代の人達の物の見方は、私たちよりもベンジャミン・ウォーフが”言語・思考・現実”で書いていたホピ族に近かったんでしょうか..


言語・思考・現実 (講談社学術文庫)
L・ベンジャミン・ウォーフ
講談社
売り上げランキング: 104220

posted by 山崎 真司 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46666008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック