2010年06月03日

道徳形而上学原論

カント著

岩波書店 560円(税別)

初版: 1960年6月(原著は1785年)











カントの道徳についての入門書です。いわゆる三批判の一つ「実践理性批判」の入門書でもあるのですが、この本自身も道徳についての強力な解説書になっています。



カントは道徳の原理を経験的なものでなく、理性的なものに求めます。これは経験はあくまでも主観的なものであるためで、普遍的な道徳は理性的(つまり経験を超越したもの)でなければならないためです。



中心となる概念のひとつは仮言的命法と定言的命法です。仮言的命法というのは「Aするためには、Bしなければならない」というようなものです。この命法では、道徳概念がBとした場合に、むしろAということを行うことを目的としてしまっています。これは道徳概念にそぐわない(目的がBでなく、Aになっているため)、そこで道徳概念には定言的命法として「Bしなければならない」といった形式をカントは提示します。


この定言的命法は、「その格律が(他者にとっても)普遍的になるような格律でなければならない」、また「他の理性的存在を手段でなく、目的自身とみなさなければならない」といったことを述べています。

また、このような定言的命法に従う理由としては「行為に道徳的価値を与える動機は、道徳法則への尊敬に他ならない」と述べています。



たしかにカント哲学は一文が長く読みづらいところもありますが、この道徳形而上学原論はその中ではかなり読みやすく、また、現代の倫理学の基礎を伺うことができる一冊だったと思います。

posted by 山崎 真司 at 23:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 哲学、人生論
この記事へのコメント
分かりやすっ
さすがの文章力ですね。

う〜ん、なるほど
感情と直観を傍らに置いて判断せねば
っての確かに大切ですね。
人間、よほど気をつけないと感情に囚われてしまいますものね。

ただ、弓剣道などが尊ぶ至誠と礼節なども
日本人としては捨てがたいところ。。。

などと言うとハウエルさんとかに無知だとバカにされますかね^^;
Posted by りべっと at 2010年06月04日 03:27
これはカントでなく私の考えなんですが、道徳には他者の存在を超えた絶対的道徳(カント的な道徳)と、他者の存在による相対的な道徳があるんだと思います。後者はある種の功利主義的な道徳とも言えます。

カントは絶対的な道徳についてのみ述べていますが(何故ならそれは経験を超越した客観的なものだから)、一方で日本人は礼節などの相対的な道徳については重視してるようにも見えます。

絶対的道徳はカント的には道徳への尊敬、キリスト教的には審判のゆえ、仏教的には輪廻を目的になされますが。

相対的な道徳はその所属社会を目的に行われるかと思います。

私見ですが。

ところでハウエルさんってだれ?(^_^;)
Posted by やまざきしんじ at 2010年06月04日 05:10
ショーペンハウエルさんのことでっ
もちろん冗談で、ですが。。。

にしても、さすが言葉の定義が正確ですね^^;
Posted by りべっと at 2010年06月04日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38741593
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック