2009年12月22日

フリー

クリス・アンダーソン著
NHK出版 1800円(税別)
初版: 2009年11月

 

 
ロングテールで有名な、クリス・アンダーソンの新刊です。クリス・アンダーソンはワイアードの編集長でありテクノロジー系のライターですが、前作のロングテール、今回のフリーと非常にビジネスについての洞察が深いライターです。


ハードディスクや通信回線料金の低価格化といった背景の下にコンテンツのデジタル化が進み(逆にそれが低価格化を産む)、コンテンツを”売る”ということのコストがゼロに近くなっています。

この本では”FREE”(無料)という視点から、その名の通り”無料”を活かしたビジネスモデルについて様々述べています。
 
この背景には、CDの媒体を焼くコストは非常に安くなり、ハードディスクやコンピュータの低価格化により、多量のデータも安価に蓄えられるようになったことや、インターネットを使うことで、無償にしろ有償にしろ様々なマーケティングも行われるようになったことがあります。


フリーのビジネスモデルとしては、ラジオやテレビの放送といった広告モデルや、フリーウェアで素人向けのサポートサービスで儲けるといったものがありますが、それ以外の様々なモデルについて述べられています。この様々なモデルは、価格戦略や試供品ビジネスの延長にあるのですが。現在のコストや技術の下でできるようなったビジネスモデルが様々あり、それらを解説しています。

 
このビジネスモデルの例としては、新聞にCDを無料でつけてコンサートの入場料で稼ぐといったことやインターネットに未公開映像などを流してDVDの販売を増やすといったこと。また、無料で番組案内をしておいて、音声認識エンジンに活かす等々の様々なモデルが述べられています。


内容の詳細については様々なブログで書かれていると思うのですが。


この本から感じることは、ITを中心としたテクノロジーが直接的にビジネスを改革しているということです。ITによってできることが急速に増えているのに、マーケティングがまったく追いついていないということがあります。

結局、マーケティングを行っている人たちが、ITにどっぷり浸かっていないためにチャンスに気付いていないということなんでしょうが...
この本を読んで当然と読むか驚きと読むかです。おそらく誰が読んでも驚きが隠されている本だと思います。


前評判とおりで、今年読んだビジネス書の中では一番面白かった本でした。

posted by 山崎 真司 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティングの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34342498
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック