2008年09月21日

日本人はなぜシュートを打たないのか?

湯浅健二著
アスキー新書 724円(税別)
初版: 2007年7月

この本、一見サッカー論とみせかけて日本人論としても読めます。ドイツ留学経験がある著者がそのときの経験を書いています。
著者が、「どフリーになった時にどうしよう」という不安が裏のスペースへの走りこみを躊躇させたという経験を下に、”サッカーにおいて責任を負う”ということを述べてます。
そして、この責任を負うということとして、攻撃のためのフリーランニング(オフザボールでの動き)の重要さについて述べています。実際に、一冊丸々、フリーランニング論と言っても過言ではないくらいにフリーランニングについて述べてます。


この背景という責任感の差はドイツと日本の国民性の違いから来るのか、単に日本がサッカー後進国(すくなくとも先進国でない)というところから来るのか、日本人の個人が責任を負わない特徴を持っているか分かりませんが。やはり、背景が技術論ではないことと、著者の経験(ドイツやサッカーでのコーチ経験)からすると、日本人の国民性なんでしょう..

この本はあくまでのサッカー論の本であってビジネス書ではありませんので、これをビジネス書として読むのは正しくないでしょうが。ビジネスについてサッカーについて喩えて話すのが好きな人(私)にとっては、多くの語彙を増やすことが出来た本と思いました。


ただし、あくまでも”フリーランニング論”の本なのです。

 
posted by 山崎 真司 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19774765
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック