2008年05月04日

ブランドなんか、いらない

ナオミ・クライン著
はまの出版 3400円(税別)
初版: 2001年5月

学生にとって教育が義務であり学校と学生の関係が師弟関係的だったものが、教育とは消費で学校と学生の関係が客と店の関係に変わってきているという言説があります。


さて、この「ブランドなんか、いらない」は原題は”NO LOGO”というもので、カナダのジャーナリスト、ナオミ・クライン女史が書いた反ブランド論です。世界中でのブランド化やスーパーブランドによる殲滅戦について書かれています。反ブランド論なのですが、逆にブランド論としても読めてしまいます。著者の意図とは反してますが...


「ブランドなんか、いらない」の4章は「ブランドの学校進出」というタイトルで、アメリカを中心とした企業の学校への進出が述べられています。

小学校向けの「チャンネル・ワン」という番組では12分番組の合間に2分間のCMが入っていて、そのかわりにAV機器やコンピュータ等を学校が無料で受け取るといったことをしています。このCMは、止めたり教師がボリュームを変えたりすることが契約で禁止されています。
また、ある中学校ではペプシと学校が契約していて、「ペプシ **中学の公式飲料」という看板が道路脇に立っています。さらに、学校との契約書には「ペプシ製品の販売機会の拡大に協力するよう、最大限の努力をすること」という条項が含まれています。
これらは無数にある話のうちの2つの例にすぎず、この本の記述によると多くの学校(小学校から大学まで)でこのような学校のブランド化が進んでいます。日本ではここまでの話は聞いたことがありませんが、今後このような方向に進むことが想像されます。


日本でもこのような学校のショッピングモール化が進むのでしょうか?このショッピングモール化は、学生の”お客”化を進めることになるのではないかとこの本を読みながら考えました。


他人の感想を読んで:
http://blog.alc.co.jp/blog/2000099/6906

そう、この本は大きな反ブランド論なのです。ただ、合理主義の私としては、純粋に”ブランド。ダメ。ゼッタイ。”とは思えず読んでいました。これを逆用しようという想いと、「さすがにやりすぎだろう」という想いの間を振れながら読んでいました。「ブランドって、どういう意味か」という問いはでなかったのですが。ともかく、面白いという点では私も同じ感想でした。
うーん、まとまってませんね。
posted by 山崎 真司 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14641427
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック