2013年02月12日

現象学とは何か



タイトルが超ミスリーデイングです。このタイトルから受ける印象は入門書ですが、フッサールの本をひと通り読んでから読むべき本です。よってあんまりわかりませんでした^^;;

あと、著者の文体が昔のドイツの本の訳書みたいなので、非常に読みにくいです。いちいち、ドイツ語で言い換えたり、複雑な構造の一文が4,5行続いたり。現代文の問題みたい..

「ともかくイデーンI,IIを読め、話はそれからだ」
と言われていることは分かりました><)

※リンクを貼ろうと思いましたが、あまりに高くて貼りません^^;;


素直にはじめは「こちらを読むべき」ということみたいです。


posted by 山崎 真司 at 22:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 哲学、人生論