2013年02月05日

ラーメンと愛国



ラーメンを話の縦軸に、戦後の復興、田中角栄、バブル崩壊後の状況と日本の文化を切り取った本です。

愛国という言葉がありますが、ちょっとしたスパイスでしょうか。支那そばと言われていたものが、ラーメンに変わり。中国をイメージさせるなるとや赤に白のドンブリや赤白のノレンは、日本っぽい(気がする)作務衣や和風の俺言葉(あいだみつをみたいなもの。ラーメンポエム)に変わっていきます。

ラーメンの本というよりも、ラーメンから切り取った戦後史(の一つ)といった社会学っぽい本でした。著者の力量か、一気に読まされる良著でした。
posted by 山崎 真司 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般