2011年12月18日

アルケミスト

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
パウロ コエーリョ
角川書店
売り上げランキング: 545


8、9年まえに読んだのですが、久々に再読しました。

以前、読んだ時はかなり素敵なお話だったという印象だったのですが、今読むと違和感を感じました...また、以前はキリスト教っぽいと思っていたのですが、読み直すとキリスト教っぽいというよりもニューエイジっぽいなぁと感じました(コエーリョはやっぱりニューエイジのようですね)

内容は、南スペインの羊飼いの少年が、アフリカへ宝探しの旅に出るというものです。そして少年は旅の途中で、商人や錬金術師などと出会います。

この物語は、よくある”往きて帰りし物語”の構造を持ったいかにも寓話っぽいものです。それはいいのですが、そこかしこに見られるニューエイジ臭が鼻についてしまったので、改めて読み返すとイマイチだなー、と感じてしまいました。

posted by 山崎 真司 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説